血液センターは働きやすいの?

jgtiuerhuit

血液を必要としている患者さんは、少なくありませんよね。
輸血による血液が必要であったり、
血液製剤による輸血が必要であったり、様々な患者さんがおられます。

そのような患者さんのために、
健康なドナーの方に血液を提供してもらう仕事が、
血液センターで働く看護師の仕事でもあります。

 

運営母体は各地域にある赤十字血液センターです。
さらに、それを束ねている日本赤十字社が、
血液センターで働くスタッフの労働環境などを整えているんですね。

医療を底から支えていく仕事として、
献血に携わる仕事というのはとても大切になってきます。

 

働く看護師をしっかりと確保していくために必要となるのが、
「働きやすい環境」ですよね。

ドナーの方への問診や、採血装置の操作、採血、予後のケア
といった単純作業が続いてしまうために、離職する看護師も多いのですが、
全体的に働きやすい職場が多いんですよ。

 

給料に関しては、日本赤十字社が規定しているものとなります。
ですので、安定して給料が支払われるという安心感がありますよね。

各種手当に関しても、時間外手当や通勤手当などが支給されます。
休日も、基本的には週休二日制が守られていますし、
土日に出勤となった場合であれば、振り替え休日ももらえます。

 

夏季・冬季などでまとまった休みをとることも出来ますよ。

社会保険や福利厚生といった面でも、かなり手厚い内容になっています。

 

血液センターでは、託児施設があることが少ないのですが、
育児についての理解がとてもある職場ですので、
育児中の看護師でも勤務しやすい環境になっています。

血液センターで働きたいという看護師は、
ぜひ地域の血液センターに問い合わせてみてくださいね。