血液センターの看護師に向いていない人とは

vnjdshjfajsf

血液センターの看護師の仕事は、
基本的には残業が無いと言われています。

仕事内容は、輸血用や血液製剤の製造に使用される血液の採取です。

 

ドナーの方から献血をしていただくため、
ドナーの方の事前問診検査であったり、血液装置を操作する事や、
採血、事務作業や機材管理といったことが中心となります。

献血自体が日中のみとなりますので、残業はほとんどありません。
ですが、血液センターの勤務の場合には、
献血バスに乗車することがありますので、残業や早出となる場合もありますよ。

 

残業が無いと思っていたという育児中の看護師は、
対応が難しくなるために採用されづらいということがあります。

残業が少なくなるため、給料も安くなってしまいます。
高い収入を得たいという看護師にとっても、あまり向いていない職場と言えます。

 

また、献血の仕事は、看護師としてのキャリアアップを目指す看護師には
向いていない仕事でもあります。

様々な医療に関する知識を得られたり、
様々な看護技術を習得できるという職場ではないんですね。

 

仕事も単調なものとなりますので、
そのような事が苦手という方もおられますよね。

求人に応募する際には、まず自分の適性についてや、
看護師として何を目標としているのかという部分を
明確にしておくことが大切になります。

 

また、血液センターが求める人物像と自分があっているのか
という事も確認しつつ、求人に応募することが大切になってきます。