血液センターの看護師の役割と身につくスキル

wiueff

血液センターでの勤務は、病棟のように
直接患者さんのケアを行うという事ではありませんよね。

新卒看護師の中には、看護師じゃなくてもいいんじゃないの?
と感じる方もいるかもしれません。

 

ですが、血液センターの仕事は、
間接的に患者さんのために必要となるものです。

血液を採取し、その血液から血液製剤を作ったり、
直接輸血に使われたりします。
中には、その血液製剤や輸血によって、命が救われる事だってあるんですよ。

 

血液センターの看護師は、献血前に血液検査を行う他、
ドナーの方に対して健康指導であったり、
相談に乗るという役割もあるんです。

役割としては、現場の看護師同様に責任が重いものですし、
その分やりがいも感じやすい職場でもあるんですね。

 

血液センターと病棟勤務とでは、身につくスキルも変わってきます。
病棟では、主に看護スキルが向上していきますよね。

その一方で、看護師独特の職場環境でもありますので、
社会とはずれた感覚なども育ってしまう事があります。

 

血液センターでは、社会人としてのスキルが身につきやすく、
対人関係においてのコミュニケーションスキルや、
接客業としてのスキルなどが向上しやすいんですよ。

また、穿刺のスキルはずば抜けて向上していきます。

 

ですが、看護職という部分だけみてみると、
給料面は病棟より低くなってしまうことが多いんですね。

夜勤や残業などが少ない事が原因となっており、
業務内容から考えてみると、給料水準が低いわけではないんですよ。