血液センターは働きやすいの?

jgtiuerhuit

血液を必要としている患者さんは、少なくありませんよね。
輸血による血液が必要であったり、
血液製剤による輸血が必要であったり、様々な患者さんがおられます。

そのような患者さんのために、
健康なドナーの方に血液を提供してもらう仕事が、
血液センターで働く看護師の仕事でもあります。

 

運営母体は各地域にある赤十字血液センターです。
さらに、それを束ねている日本赤十字社が、
血液センターで働くスタッフの労働環境などを整えているんですね。

医療を底から支えていく仕事として、
献血に携わる仕事というのはとても大切になってきます。

 

働く看護師をしっかりと確保していくために必要となるのが、
「働きやすい環境」ですよね。

ドナーの方への問診や、採血装置の操作、採血、予後のケア
といった単純作業が続いてしまうために、離職する看護師も多いのですが、
全体的に働きやすい職場が多いんですよ。

 

給料に関しては、日本赤十字社が規定しているものとなります。
ですので、安定して給料が支払われるという安心感がありますよね。

各種手当に関しても、時間外手当や通勤手当などが支給されます。
休日も、基本的には週休二日制が守られていますし、
土日に出勤となった場合であれば、振り替え休日ももらえます。

 

夏季・冬季などでまとまった休みをとることも出来ますよ。

社会保険や福利厚生といった面でも、かなり手厚い内容になっています。

 

血液センターでは、託児施設があることが少ないのですが、
育児についての理解がとてもある職場ですので、
育児中の看護師でも勤務しやすい環境になっています。

血液センターで働きたいという看護師は、
ぜひ地域の血液センターに問い合わせてみてくださいね。

 

 

血液センターにはどんな人が向いているの?

iuheujf

病棟勤務の看護師や、医療機関で働いている看護師と比べてみると、
血液センターで働く看護師に必要となるものは、
コミュニケーション能力なんですね。

血液をボランティアで提供してくれるドナーの方は、
ほとんどが健康な方ですよね。

 

看護師は、そのようなドナーの方に対して、
気分よく過ごしてもらう事や、
最小限の苦痛で採血を行うという事に気を配る必要があります。

世間話をしながらドナーの方をリラックスさせる
という事などが必要になってきます。

 

社会人のマナーというものも、
病棟勤務の看護師と比べると、身につきやすくなりますよ。

看護師の常識と一般社会の常識が異なっている事もありますが、
一度血液センターの仕事に就くと、その違いが見えてくることがあります。

 

また、他の仕事と比べると、医療行為はかなり限られてきます。
ですので、看護師としてキャリアアップしたいという場合や、
スキルアップしたいという場合には、向いていない仕事でもあるんですね。

看護師の給料水準というのは、もともと高いものです。
ですが、血液センターの看護師は、
一般的な水準と比べるとやや低めの給料となっています。

 

これは、看護師の給料の大半を占めている夜勤が無いという事や、
残業も少ないという事によって、手当部分が薄くなるからなんですね。

ですので、給料に強いこだわりを持っている看護師には
あまり向いていないとも言えます。

 

どちらかと言えば、「自分の時間を大切にしたい」
「人とコミュニケーションをとりたい」「社会貢献度が高い仕事をしたい」
「看護師免許を有効活用したい」という看護師に向いていますよ。

給料へのこだわりであったり、
看護技術の向上にこだわりの無い看護師に向いている仕事です。

 

 

血液センターの看護師に向いていない人とは

vnjdshjfajsf

血液センターの看護師の仕事は、
基本的には残業が無いと言われています。

仕事内容は、輸血用や血液製剤の製造に使用される血液の採取です。

 

ドナーの方から献血をしていただくため、
ドナーの方の事前問診検査であったり、血液装置を操作する事や、
採血、事務作業や機材管理といったことが中心となります。

献血自体が日中のみとなりますので、残業はほとんどありません。
ですが、血液センターの勤務の場合には、
献血バスに乗車することがありますので、残業や早出となる場合もありますよ。

 

残業が無いと思っていたという育児中の看護師は、
対応が難しくなるために採用されづらいということがあります。

残業が少なくなるため、給料も安くなってしまいます。
高い収入を得たいという看護師にとっても、あまり向いていない職場と言えます。

 

また、献血の仕事は、看護師としてのキャリアアップを目指す看護師には
向いていない仕事でもあります。

様々な医療に関する知識を得られたり、
様々な看護技術を習得できるという職場ではないんですね。

 

仕事も単調なものとなりますので、
そのような事が苦手という方もおられますよね。

求人に応募する際には、まず自分の適性についてや、
看護師として何を目標としているのかという部分を
明確にしておくことが大切になります。

 

また、血液センターが求める人物像と自分があっているのか
という事も確認しつつ、求人に応募することが大切になってきます。

 

 

血液センターの仕事や勤務時間は?

adehjkeg

献血に携わっていく看護師の勤務時間は、どんな感じだと思いますか?

基本的には、日中のみとなり、大体一般企業の勤務時間と同じ
朝9時から夕方5時という事が多いんです。

 

もちろん職場によって勤務時間に違いが出てきますが、
夜勤はありません。

仕事内容も、ドナーの方の健康をチェックしたり、採血の準備、
採血、予後のケアというような、看護師の仕事としては
割りと単純な作業を繰り返していきます。

 

このような単純作業とも言える師仕事を、苦に感じないという看護師や、
日勤のみで働きたいという看護師にとっては、かなりオススメの職場となります。

また、ドナーの方と世間話などしながら仕事をしていきますので、
話すのが好きだという看護師であれば、楽しく仕事が出来ますよ。

 

穿刺技術は研ぎ澄まされますので、ドナーの方の腕を見ただけで、
穿刺しやすいかどうかがすぐに分かるようになりますよ。

 

http://www.madam-roze.jp/

血液センターは、必ず定時で終了するというわけではありません。
献血バスに乗車して、地域を回っていくという仕事であれば、
どうしても早出や残業ということになる可能性もあります

そのような場合には、早出や残業についての手当が支給されますので安心ですよね。
献血バスに乗車する場合には、乗車手当というものも支給されます。

 

基本的には働きやすい職場となっている場合が多くなりますので、
血液センターでの求人というのはあまり頻繁ではないんです。
これは、欠員があまり出ないという事が関係しているんですよ。

 

 

血液センター・献血ルームの看護師 メリットとデメリット

orgkjf

血液センターや献血ルームなどで働く看護師には、
いくつかのメリットが存在しています。

まず、土日が休みの場合が多いことです。
そのことによって、規則正しい生活が出来ますし、
プライベートが充実しますよね。

 

さらに、夜勤が無いということや、
相手が健康な方であるために緊急性が無く、
プレッシャーを感じることもあまり無いということがあります。

看護師の職場の中では、常に緊張感があるわけではない
数少ない職場の一つでもあります。

 

また、難しい技術や医療知識などを身につけなくてはならない
というわけでもありません。

穿刺の技術や、ドナーの方が体調を崩された際に
適切な判断を行う能力といったものは必要となりますが、
病棟での経験がある看護師であれば、これらはしっかりと備わっていますよね。

 

ただし、血液センターや献血ルームの看護師には、
給料が低めというデメリットもあります。

夜勤がなく、残業も少ない状態ですので、
給料が高くなるわけがありませんよね。

 

様々な医療知識を得たいと考えている看護師や、
看護技術の向上をはかりたいと考えている看護師など、
向上心やキャリア志向が高い看護師には物足りない職場でもあります。

医療行為自体があまりなく、仕事はかなり単調なものになります。
看護師としてのキャリアアップに向いている職場とは言えないんですね。

ただ、社会人としてのマナーや能力といったものは身につく職場となっています。

 

 

応募の際に確認しておきたい事

wueoihtuif

血液センターの求人は、とても人気があるものだと言われています。
ですが、実際に応募するためには、
条件を満たしていなくてはならないんですね。

血液センターの求人に応募するためには、
年齢制限であったり経験年数などといった
条件がある場合が多くなっています

 

他にも、勤務可能な日にちに関しての条件もありますので、
それを満たす方のみ応募が可能だという事になります。

応募について必要となる書類も、
定型のフォーマットが用意されている事もあるんです。

また、選考の際に小論文の提出などを求められることもありますよ。

 

いざ応募しようとなった時に焦ってしまう事がないよう、
まずは応募条件などをしっかりと確認しておくことが大切になってきます。

 

求人の応募条件を確認することはもちろん大切ですが、
それと同時に自分にとって良い条件での求人なのかどうかも、
しっかりと確認しなくてはなりません

給料については、特にしっかり確認しておきたいところです。

 

血液センターの場合には、明確に給料が提示されていることが少ないんです。
ですが、参考程度に初年度の給料が記載されていることがありますので、
それを目安にするのもいいですね。

直接確認するという事も、必要に応じて行っておくといいですよ。

 

また、手当などについても、確認しておきたいところです。
看護師が就職することが可能な職場は、
決して血液センターだけではありませんよね。

ですので、しっかりと求人をチェックをしてから応募することをオススメします。

 

 

血液センターの看護師の役割と身につくスキル

wiueff

血液センターでの勤務は、病棟のように
直接患者さんのケアを行うという事ではありませんよね。

新卒看護師の中には、看護師じゃなくてもいいんじゃないの?
と感じる方もいるかもしれません。

 

ですが、血液センターの仕事は、
間接的に患者さんのために必要となるものです。

血液を採取し、その血液から血液製剤を作ったり、
直接輸血に使われたりします。
中には、その血液製剤や輸血によって、命が救われる事だってあるんですよ。

 

血液センターの看護師は、献血前に血液検査を行う他、
ドナーの方に対して健康指導であったり、
相談に乗るという役割もあるんです。

役割としては、現場の看護師同様に責任が重いものですし、
その分やりがいも感じやすい職場でもあるんですね。

 

血液センターと病棟勤務とでは、身につくスキルも変わってきます。
病棟では、主に看護スキルが向上していきますよね。

その一方で、看護師独特の職場環境でもありますので、
社会とはずれた感覚なども育ってしまう事があります。

 

血液センターでは、社会人としてのスキルが身につきやすく、
対人関係においてのコミュニケーションスキルや、
接客業としてのスキルなどが向上しやすいんですよ。

また、穿刺のスキルはずば抜けて向上していきます。

 

ですが、看護職という部分だけみてみると、
給料面は病棟より低くなってしまうことが多いんですね。

夜勤や残業などが少ない事が原因となっており、
業務内容から考えてみると、給料水準が低いわけではないんですよ。

 

 

血液センターの仕事は楽なの?

iwhfjsf

血液センターで働くことを選ぶ新卒看護師も多く居ますよね。
血液センターは、夜勤などがなく働きやすいと考える看護師もいますが、
実際には確実な看護技術が必要となる職場でもあるんですね。

ですので、「簡単そう」「楽そう」というような気持ちで就職することは、
考えが甘いとも言えるんですよ。

 

血液センターは、採血をする機会が多く、
少ない痛みで採血を行う必要がありますよね。

献血をしてくれるドナーの方は、
ボランティアで血液を提供してくれています。

 

健康確認をはじめ、採血を行っている間、
快適に過ごしていただく必要があります。

血液センターでは、採血した血液を一滴たりとも無駄には出来ないんですね。
そのため、確実に作業をこなし、仕事をすすめていく必要があるんです。

 

血液センターでは、匿名での献血は受け付けていませんので、
個人情報などを聞き取る機会も多くなります。

血液型をはじめとする血液提供者の個人情報を扱っていきますので、
これらの取扱いには十分気をつけなくてはなりませんよね。

 

血液の採血の間に、ドナーの方の健康管理も行なわなくてはなりません。
体調を崩してしまう方もおられますし、献血後に指導を行う事もあります。

このように、気を配っていかなくてはならない点も多いのが、
献血センターの看護師なんですよ。