血液センターの仕事や勤務時間は?

adehjkeg

献血に携わっていく看護師の勤務時間は、どんな感じだと思いますか?

基本的には、日中のみとなり、大体一般企業の勤務時間と同じ
朝9時から夕方5時という事が多いんです。

 

もちろん職場によって勤務時間に違いが出てきますが、
夜勤はありません。

仕事内容も、ドナーの方の健康をチェックしたり、採血の準備、
採血、予後のケアというような、看護師の仕事としては
割りと単純な作業を繰り返していきます。

 

このような単純作業とも言える師仕事を、苦に感じないという看護師や、
日勤のみで働きたいという看護師にとっては、かなりオススメの職場となります。

また、ドナーの方と世間話などしながら仕事をしていきますので、
話すのが好きだという看護師であれば、楽しく仕事が出来ますよ。

 

穿刺技術は研ぎ澄まされますので、ドナーの方の腕を見ただけで、
穿刺しやすいかどうかがすぐに分かるようになりますよ。

 

http://www.madam-roze.jp/

血液センターは、必ず定時で終了するというわけではありません。
献血バスに乗車して、地域を回っていくという仕事であれば、
どうしても早出や残業ということになる可能性もあります

そのような場合には、早出や残業についての手当が支給されますので安心ですよね。
献血バスに乗車する場合には、乗車手当というものも支給されます。

 

基本的には働きやすい職場となっている場合が多くなりますので、
血液センターでの求人というのはあまり頻繁ではないんです。
これは、欠員があまり出ないという事が関係しているんですよ。

 

 

血液センターの看護師の役割と身につくスキル

wiueff

血液センターでの勤務は、病棟のように
直接患者さんのケアを行うという事ではありませんよね。

新卒看護師の中には、看護師じゃなくてもいいんじゃないの?
と感じる方もいるかもしれません。

 

ですが、血液センターの仕事は、
間接的に患者さんのために必要となるものです。

血液を採取し、その血液から血液製剤を作ったり、
直接輸血に使われたりします。
中には、その血液製剤や輸血によって、命が救われる事だってあるんですよ。

 

血液センターの看護師は、献血前に血液検査を行う他、
ドナーの方に対して健康指導であったり、
相談に乗るという役割もあるんです。

役割としては、現場の看護師同様に責任が重いものですし、
その分やりがいも感じやすい職場でもあるんですね。

 

血液センターと病棟勤務とでは、身につくスキルも変わってきます。
病棟では、主に看護スキルが向上していきますよね。

その一方で、看護師独特の職場環境でもありますので、
社会とはずれた感覚なども育ってしまう事があります。

 

血液センターでは、社会人としてのスキルが身につきやすく、
対人関係においてのコミュニケーションスキルや、
接客業としてのスキルなどが向上しやすいんですよ。

また、穿刺のスキルはずば抜けて向上していきます。

 

ですが、看護職という部分だけみてみると、
給料面は病棟より低くなってしまうことが多いんですね。

夜勤や残業などが少ない事が原因となっており、
業務内容から考えてみると、給料水準が低いわけではないんですよ。

 

 

血液センターの仕事は楽なの?

iwhfjsf

血液センターで働くことを選ぶ新卒看護師も多く居ますよね。
血液センターは、夜勤などがなく働きやすいと考える看護師もいますが、
実際には確実な看護技術が必要となる職場でもあるんですね。

ですので、「簡単そう」「楽そう」というような気持ちで就職することは、
考えが甘いとも言えるんですよ。

 

血液センターは、採血をする機会が多く、
少ない痛みで採血を行う必要がありますよね。

献血をしてくれるドナーの方は、
ボランティアで血液を提供してくれています。

 

健康確認をはじめ、採血を行っている間、
快適に過ごしていただく必要があります。

血液センターでは、採血した血液を一滴たりとも無駄には出来ないんですね。
そのため、確実に作業をこなし、仕事をすすめていく必要があるんです。

 

血液センターでは、匿名での献血は受け付けていませんので、
個人情報などを聞き取る機会も多くなります。

血液型をはじめとする血液提供者の個人情報を扱っていきますので、
これらの取扱いには十分気をつけなくてはなりませんよね。

 

血液の採血の間に、ドナーの方の健康管理も行なわなくてはなりません。
体調を崩してしまう方もおられますし、献血後に指導を行う事もあります。

このように、気を配っていかなくてはならない点も多いのが、
献血センターの看護師なんですよ。

 

 

献血 看護師のお仕事まるわかりガイド

大きく分けると3つ

cvsbj
献血ルームで働く看護師の仕事内容は色々あります。
業務内容は大きく3つに分けることが出来ます。

1つめは「採血作業」で、輸血用血液製剤のもとになる
血液をドナー(血液提供者)から採血する仕事です。

 

2つめは「ドナーのケア」で、ドナーが採血中や
採血後に突然気分が悪くなることがあるので、
そういった場合の看護をします。

また、採血に慣れていない方の場合、
大変緊張されている場合も多く、
リラックスさせるように声かけをするなどの
配慮も看護師の役割
です。

 

3つめは「保健指導」で、
血液検査の結果から保健指導を行うこともあります。

 
 
 

1日の業務の流れ

さらに1日の仕事の流れで言えば、
まず朝出勤するとルームの掃除を行い、
その後すぐに朝のミーティングにて予約状況の確認と、
本日確保すべき血液の確認
を行います。

ドナーが来られたら、受付と問診を行い、
医師に適否を判定してもらいます。

 

適と出たならばドナーから採血します。
その時にドナーの状態を観察し、
安全に採血を完了するまで見守ります。

針をぬいたら、ドナーに水分接種してもらい、
しばらく休憩してもらいます。

 

採取した血液は決められた場所に分別し保管します。
ドナーが帰るまで、異変がないか管理します。

このように献血ルームの仕事は非常に気を使う反面、
大変やりがいのある仕事
です。

 
 
 

ドナーの健康チェックは慎重に!

lwkgne
まず、来院される献血のドナーの方は
ほとんど健康な方ばかりでしょう。

しかし、そのような先入観でドナーの方の
健康状態のチェックがおろそかになることには
特別の注意を払わなければなりません。

 

そこが一般の病院に勤めている
看護師との大きな違い
でしょう。

そして、献血する意志を持ったドナーの方に
次回以降も来院をしてもらうために
気持ちよく応対することを心がけます。

 

特に、初回のドナーの方は初めてということで
いろいろと不安をかかえているものですから、
きちんとコミュニケーションをとって
不安を和らげることが必要になります。

 
 
 

サービス業の色合いが濃い職場

また、確率はごくわずかですが、
採血時に副作用もでることがあるので
そのあたりのこともしっかり説明しなければなりません。

そして、最も注意しなければならないのが
もちろん採血
です。

 

特別に上手くはなくても
基本通りに採血することが重要になります。

採血時にVVR(迷走反射神経)や
神経麻痺が起こってしまう可能性もなくはないので、
病院等である程度の臨床経験がある
看護師が採血を行うことが望ましいといえます。

 

仕事内容としては、一般の病院よりも
サービス業の色合いが濃い
ので、
それをしっかりと理解することが大切なことになります。