献血の求人を紹介!(看護師向け)

header
 
caution
献血の求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が 条件の良い求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、献血の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、献血の求人を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは献血の条件の良い求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300

 

全国のいい看護師求人が集まる人気の転職サイトです。「献血で働きたい!」「献血の良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

献血の条件のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ 献血の求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 看護のお仕事

 

ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「献血の非公開求人」 が揃っています。

 

献血の求人の中でも特に「残業が少ない」「休みが多い」「給料が高い」そんな条件の良い求人を見つけたい人は、ナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。

 

→ 献血の求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

 


rank01

第3位 マイナビ看護師

 

実績ある安心のブランド・マイナビが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して献血の求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 献血求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution
2つの転職サイトに登録するのがオススメ

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ以上登録しておくと 献血の条件の良い求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトでは献血の求人は3つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに4つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計7つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


街中にある献血ルームというのは、基本的に土日でも開いていますよね。とすれば、献血の仕事をする看護師は、必ず土日出勤があるのかと疑問に思うでしょう。ですが、基本的に土日はカレンダーどおりに休みという事が多くなります。ただ、月に数回は、土日に出勤する必要がありますよ。その際には、平日が振り替えで休日となります。
祝日や年末年始に関しては、休みとなることが多くなります。また、夏季休暇などが取得できるところも多いんですよ。ただ、すべての職場で同じような勤務体制となっているわけではありません。場合によっては、土日のどちらかが出勤となり、平日に固定休がある場合、シフト制で固定休が無いということもあります。働くことになる職場によって、この辺りは柔軟に対応しなくてはなりません。

献血の看護師は、有給休暇や育児休暇のような、特別休暇を取得することが出来ます。この日はどうしても休みたいという場合、事前に相談しておけば、基本的に希望休を取得することが可能です。ただ、シフト制の場合、シフトを組む前に申請をしておくことが大切ですよ。
家族や自分の体調が悪いとなれば、有給休暇で休みをとることが出来ます。この場合、やはり職場の仲間に相談し、シフトを変わってもらう必要もありますよね。


血液センターというのは、日本赤十字社によって運営されています。そのため、就業規則がしっかりと決まっているんですね。規則的な日程で勤務することが出来て、さらに休日も計画的にとることが可能です。患者さんのケアを行う病棟勤務とは異なり、血液センターでは献血の仕事を行います。
緊急性の高い患者さんが搬送されたり、複雑な医療行為を行う事はありません。そのため、朝から夕方までの決められた時間内に、勤務終了となりますよ。一日8時間の日勤勤務となることがほとんどです。残業などがあることもほぼ無く、夜勤は無しという特徴があります。

休日については、基本的に週休2日制となります。他に、有給休暇、育児休暇、夏季・冬季休暇などもありますよ。もし休日に出勤する場合、平日に振り替えで休日を取得することが出来ます。もちろん、慶弔休暇もしっかりと取得出来ますよ。勤務表も毎月月替わりとなりますので、勤務表作成までにしっかりと相談すれば、計画的に休日をとることが出来ますよね。
育児中の看護師や、家庭のある看護師にとっては、かなり嬉しい職場だと言えます。日本赤十字社は厚生労働省から次世代育成支援認定マークを受けている企業です。そのため、育児中の看護師への配慮があり、安心して勤務することが出来る様になっています。


献血の仕事をする看護師にとって、とても重要とされるのは、やはり採血に関するスキルなんですね。穿刺技術が優れているかどうかという点は確かに重要ですが、この仕事を始めると、確実に穿刺スキルが磨かれる事になります。どちらかと言えば、穿刺に対しての苦手意識がないか、嫌だという気持ちがないかという事の方が重要です。
また、加療が必要な患者さんのケアを行うわけではなく、健康なドナーの方への接遇を行わなくてはなりません。そのため、社会人としてのマナーや、個々に柔軟に対応できる接遇スキルなどがとても大切になります。丁寧に対応することが出来なければ、トラブルに繋がってしまう事もありますよね。

献血に来てくれるドナーの方は、ボランティアの方です。そのドナーの方に対し、看護師は問診したり、体調の確認を行ったりします。高圧的に行うのではなく、親しみを持って接遇しなくてはなりません。一人ひとりに合わせたコミュニケーションを行い、対応することが求められます。
採血中も、リラックスしてもらうことが出来る様な話術や、観察力などが必要です。採血以外にも様々な仕事を担っていきますので、それに対応していくことも重要となりますよ。


献血の仕事をしたいと考え、血液センターの求人を見てみると、細かい情報が記載されていないと感じると思います。給与形態についても、詳細が記載されていない場合があります。実際にはどのようになっているのか気になりますよね。血液センターの場合には、基本的に夜勤はありません。そのため、今まで病棟勤務を行い、夜勤手当や残業手当をもらっていた看護師の場合、給料が下がってしまうことが多いんですね。
残業に関しても、あまり発生することがありませんので、余計に下がってしまうことになります。ですが、手当が全く無いという事ではありませんよ。家族手当や特別手当、資格手当などはしっかりと支給されます。最終学歴によっても給料が異なるのですが、経験年数などでも変化することになります。

応募の際には、まず応募資格をしっかりと確認することが大切です。特に、育児や結婚、介護などで一時的に看護師の職から離れていたブランク看護師の場合であっても、応募が可能かどうかはしっかりと確認しておきましょう。また、休日面もよく見ておく必要がありますよ。小さなこどもが居るのに、土日に出勤しなくてはならないとなると、困ってしまいますよね。
また、交通の便がよくないにも関わらず、自動車での通勤が不可能となれば、それも困ってしまいます。求人情報に詳細が記載されていない場合、応募前からしっかりと確認しておかなくてはなりません。採用が決まってから、「こんなはずではなかったのに・・・」という事がないようにしたいですよね。

 
献血の仕事がしたい!

→ 1番おすすめの献血 転職サイトを見る